サラリーマンはオワコン?

同一労働同一賃金は正社員にはデメリットだらけ?今後給与は確実に下がっていく

公式無料メルマガ

副業やネットビジネスで結果につながらない間違った努力を継続していませんか?

ネットビジネス仕組み化構築メルマガ

こんにちは、静谷進助(せいたにしんすけ)です

2020年4月から同一労働同一賃金制度が始まります

具体的いうと正社員と非正規社員の不合理な待遇差の解消を目指すものです

不合理な待遇さとは同じ労働をしているのにもかかわらず、正社員というだけで手当やボーナスそして退職金などがもらえたり解雇されなかったりすることです

同一労働同一賃金制度はこういった格差を改善していこうというものです

同一労働同一賃金の導入により今後正社員の待遇はどうなっていくのでしょうか

同一労働同一賃金で今後はどうなる?

 

ある会社で同一労働同一賃金によって【正社員と非正規社員の待遇を同じにしよう】となったとします

待遇格差を改善する方法

非正規社員の待遇を正社員と同じに上げる

正社員の待遇を非正規社員と同じ落とす

正社員の待遇を下げてかつ非正規社員の待遇を上げて元の待遇の中間地点で同じにする

待遇格差を改善する方法は以上の3つです

非正規社員の待遇を正社員と同じに上げる

 

非正規社員の待遇を正社員と同じに上げる

これができる企業は日本にどれくらい存在するのでしょうか

非正規社員の割合がとても少なければできるかもしれません

しかし非正規社員の割合は日本全体で4割弱です

企業において4割もの人員の待遇を上げれば利益なんて一気に吹っ飛びます

元々利益の無い会社はつぶれるでしょう

よほど全社員の生産性が上がらない限り不可能です

正社員の待遇を落として非正規社員と同じにする

 

正社員の待遇を非正規社員と同じに落とす

これをやれば一時的に給与の高い正社員が辞めて人件費が下がります

しかし社会的に評判が悪くなりますし有能な人材も入ってこないでしょう

待遇を下げるだけでは会社を存続させていくことはできません

正社員の待遇を下げて非正規社員の待遇を上げる

 

正社員の待遇を下げて非正規社員の待遇を上げる

これは今後起こる現実的なシナリオです

【わが社は同一労働同一賃金なので正社員と非正規社員の待遇を同じにします】

と言われると正社員は手当やボーナスのカット、退職金の減額などを飲むしかありません

正社員からカットした人件費を非正規社員に回せば企業にとっても費用が膨らむことはありません

同一労働同一賃金は企業がこういった口実を使うための制度だと言えます

正社員にとってはどう考えても待遇が良くなることはありません

同一労働同一賃金で正社員はデメリットだらけ

 

同一労働同一賃金の導入で1つ言えることは正社員の待遇は確実に下がる

手当やボーナス、退職金がなくなったり、解雇されやすくなったりする

今まで非正規社員が雇用の調整弁になってそれにより正社員は守られてきました

そして給料だけが高くて生産性の低い中高年不良債権社員を企業はたくさんかかえることになりました

言うまでもなく企業は利益を出さないと生き残れません

利益とは売上-経費です

この経費の大部分を占める人件費が膨れ上がると企業は利益を上げるために売価を高くするしかありません

しかし売価をあげるとモノが売れなくなります

企業が生き残っていくためには売上につながらない経費は削っていくしかない

その経費とはコスパの低い正社員

同一労働同一賃金の対策は自分を価値を上げるしかない

 

同一労働同一賃金について罰則規定もないし意味がないという意見があります

確かにすぐに劇的には変わらないと思います

しかし先ほど書いたように企業がこれを口実にして正社員の待遇を下げていきます

そしてそれが世の中にだんだんと浸透し社会全体のマインドを変えていくのです

同一労働同一賃金の導入で起こること

正社員だとか非正規だとかそういった垣根はなくなっていく

正社員でも派遣でもフリーランスでも企業は高い価値を提供する人間に仕事を依頼するようになる

まとめ

 

同一労働同一賃金に開始により正社員の待遇は確実に下がる

手当やボーナス、退職金などが減ったりなくなったりする

それだけでなく非正規社員と同じように解雇もされやすくなる

今後は大企業の正社員だから安泰なんてありえない

ただ1つの対策としては自分の価値を上げていくことしかない

正社員という看板には価値がなくなるが市場価値が高い人間にとっては今後はチャンスでしかない

しっかりと自己投資をして価値を上げていきましょう

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

公式無料メルマガ

副業やネットビジネスで結果につながらない間違った努力を継続していませんか?

ネットビジネス仕組み化構築メルマガ