メンタルを整える

対人関係能力が高い人と苦手でうまくいかない人の違いは?改善する方法は?

 

こんにちは、静谷進助(せいたにしんすけ)です

自分って人間関係が苦手だなあ

だから仕事も人生も上手くいかない

対人関係を築く能力さえあれば全てがうまくいくのに・・・

 

そんなふうに考えている方も多くいらっしゃいます

この記事を読めば以下のことがわかります

  • 良い人間関係とはどういうことか
  • 対人関係スキルを磨く方法

NLPプラクティショナーの私がいろいろな心理療法を学んだ上で対人関係能力を高める方法をお伝えします

対人関係能力が高い人とうまくいかない人の違いとは?

 

人間関係を築くうえで大切なことは何だと思いますか

言語能力が高くスラスラしゃべれること

相手の話を聞くのがうまいこと

ジェスチャーなどの表現力が高いこと

愛想がよいこと

自信があること

 

どれも確かに重要です

しかし、人間関係を築くもっとも重要なことは別にあります

対人関係能力が高い人とは

 

良い人間関係とはどういうことでしょうか

トップ営業マンと言われる人は決して言語能力が高いとか口数が多いとかではありません

相手との関係性を作るのが上手いのです

関係性を作るのに重要なのは言語より圧倒的に非言語情報

せいたに
せいたに
メラビアンの法則はご存じだと思います

コミュニケーションにおいて人は言語から受け取る情報はわずか7%と言われています

それ以外の93%は視覚や聴覚から得ています

具体的に視覚情報とは表情やしぐさこと

聴覚情報とは口調や声の大きさや速さです

もっともメラビアンの法則も最近では違う解釈も出てきています

それは言語情報と非言語情報が不一致を起こしている時、多くの場合非言語情報を真実として受け取るということです

たとえば営業マンがお客さんに

【この商品とてもいいですよ】と言ったとします

しかし、本当は良い商品だと思っているわけではなく自分の営業成績のために仕方なく言っています

この状態が言語と非言語が一致していない状態です

言葉という言語では良い商品だと言いつつ

本当は良い商品ではないという情報を営業マンは言語以外の表情やしぐさ、声のトーンなどの非言語情報で雄弁に伝達してしまうのです

そしてお客さんは多くの場合、言語ではなく非言語情報を信用します

対人関係スキルが高い人は7%の言語情報だけではなく93%を占めるこの非言語情報を大切する

 

現実とは違う嘘や思ってもいない事を言ってしまうと93%を占める非言語情報でそれが伝わってしまいます

つまり対人関係能力とは

93%を占める非言語能力でいかに多くの情報をやりとりできるかどうかということ

 

対人関係がうまくいっていない状態とは?

 

対人関係がうまくいっていないとはどういった状態なのでしょうか

例えばあなたの職場に苦手な上司がいるとします

その苦手な上司にあなたは頑張って心を開こうと意識しても出来るでしょうか

頭でわかっていてもどうしてもその上司の前に出た途端、身体が緊張してしまいます

これは意識ではなくあなたの身体が危険と感じているのです

せいたに
せいたに
人間は本能的に安全を求めています

正体不明のモノ、自分に脅威を与えるモノ、自分とは異質なモノと無意識が判断した場合、身を守る態勢に入ります

いくら頭で大丈夫だと思考しても身体がキャッチして反応します

 

そして身を守る態勢になっているのはあなただけではありません

上司もあなたが発信する93%を占めるその非言語情報をキャッチします

つまりあなたが上司に発するマイナスの非言語情報を上司がキャッチし、上司もまた危険を感じ身を守る態勢に入ります

上司とあなたはメラビアンの法則で言えば7%の言語情報だけでやりとりしていることになります

こういった状態では互いにきちんとメッセージを受け取ることができません

たとえ言語そのものは聞こえても、言語以外の情報をきちんと受け取ることができない状態です

これがコミュ力が低い状態です

コミュニケーションは非言語でのやり取りが圧倒的に多い

だから非言語を大切にする必要がある

 

こちらが守りに入っている状態では、相手もその非言語情報をキャッチし守りに入ります

逆にこちらがオープンマインドで相手に理解を示せば、相手も安心し心を開きます

この循環に関してはシステムズアプローチの第1人者と言われる東豊【ひがしゆたか】先生の著書セラピストの技法がわかりやすく解説されています

セラピストの技法を読むと人間がP【ポジティブ】循環やN【ネガティブ】循環を発して、周囲と影響し合っていることがわかります

書籍版【セラピストの技法】を見てみる

kindle版【セラピストの技法】を見てみる

対人関係能力を改善する方法とは?

 

人間関係を築くにはいかに非言語情報のやりとりができるか

という話をしてきました

非言語情報のやりとりをするための最初のステップは安心できる関係性をお互いに築くことです

ではどうすれば安心できる関係性を作ることができるのでしょうか

 

人間は変化に対して本能的に脅威を感じます

 

人類600万年の歴史で農耕を始めたのはここ1万年前くらいからだと言われています

600万年間のほとんどを狩猟採集をして生きてきています

狩りは命がけです

ちょっとしたミスや天候の変化などが命取りになります

ちょっとした変化を察知するために変化を脅威と捉えることは人間が生きのびるために備わった本能なのです

 

この人間の特性を利用してコミュ力を高めていけます

 

自己開示をする

 

自己開示はコミュニケーションにおいてもっとも重要です

なぜなら自己開示によって相手を安心させることができるからです

人間はわからないものに対して本能的に脅威を感じることはお話しました

自己開示することで相手を安心させ良い関係を築けるのです

 

普段から言動を一致する

 

自己開示で大切なことは言動を一致させることです

言っていることと行動が違えば周囲から見ればどっちが本当のあなたなのか分かりません

普段からできるだけ言動を一致させましょう

そうすればあなたの言葉や行動に説得力や増してきます

普段から自分の気持ちに素直に生きる

 

そしてメラビアンの法則のところでも言いましたが

心で思っていないことを言ったり行っても、非言語情報でそれは伝わってしまいます

建前ではなく本音で生きることが最大に自己開示です

わかりやすい人や裏がない人って安心しますよね

あなたがそう感じるようにあなたも周囲に感じ取られているのです

普段からできるだけ本音で生きましょう

嫌なことはイヤ、好きなものは好きで良いのです

本音で生きることは言語と非言語情報を一致させることになるのです

身体でも自己開示をする

 

 

自己開示は言語だけでなく非言語でもできます

そしてとても強力です

  • 自分の身体を相手の方に向けて話したり
  • 視線を少しでも合わせたり
  • 手のひらを相手に見せたりして身体でも自己開示をしましょう

 

これは相手に安心感を与えるだけでなく、身体を開くことで自分の心も開放されます

慣れていないのに重要な場面でいきなりやっても違和感を感じてしまうので、日常的に習慣化していきましょう

 

普段行っているコンビニの店員に

  • 挨拶をしてみる
  • 目を合わしてみる
  • お礼を言ってみる
  • 笑顔を向ける

めんどくさかったりハードルが少し高いことを日々少しやってみるとそれに慣れてきます

人間にはコンフォートゾーン【快適領域】というものがあり、それは自分の日々の行動で作られます

人に笑顔を向けることがコンフォートゾーンの中にない人でも日々やっているとそれがコンフォートゾーンの中に入ってきます

コンフォートゾーンは拡大できるのです

 

コンフォートゾーンはすぐには拡大しないので、少しずつ違和感のあることを取り入れていくことが重要です

声が小さい人はいまより少しだけ大きな声で話す

つまらない逆でも思い浮かんだら言ってみる

など今の自分が少し不快に感じることを取り入れることです

相手を受け止める

ここまで自己開示の重要性を述べてきました

いくら自己開示が重要でも嫌な相手に正面から俺はお前が嫌いだ言ってはダメです

最初に言いましたが人間は本能的に安全を求めています

自分に脅威を与えるモノに対して心も身体も守りの態勢に入ります

この状態では上手くコミュニケーションがとれません

そこでまず相手を受け止めること重要になってきます

別に嫌いな人と無理にコミュニケーションする必要はありません

そして無理に好きになる必要もありません

しかし職場など嫌でも関わらなければいけない人への対処方としてとても有効です

相手のことが嫌いだという事実を受け止める

 

相手を受け入れるのではなくイヤな相手がいるという事実を受け止める感覚です

目の前の上司は苦手だ

できれば関わりたくない

 

まずそう思っている事実を受け止めましょう

苦手な相手も無理に克服しようなどと思う必要はありません

メラビアンの法則で述べたとおり、無理に苦手ではないと思おうとしても非言語が雄弁に苦手だと語っていますから(笑)

苦手なのを受け止めた上で出来ることをしっかりやればいいのです

相手のことが嫌いだと思っている自分をも受け止めます

現在の相手だけでなく過去や育った環境を少し考えてみる

 

嫌な上司がイヤなやつで彼にはそうなる理由があった

少しだけ相手の背景を思い浮かべてみましょう

疑い深くてあなたを信用していない上司であれば、かつてひどい裏切りに遭ったのかもしれません

細かい上司であれば、その上司は子供のころから細かい母親に育てられたのかも知れません

あなたがその上司と全く同じ環境で育っていれば、あなたもまたその上司と同じになったかもしれません

 

少しだけでもそう共感することであなたがその上司に発する非言語情報が変わります

まとめ

 

対人関係で悩んでいる人は言語だけではなく非言語のやりとりを大切にしましょう

そのためには自己開示が重要なポイントです

自己開示とは

  • 言動を一致させること
  • 建前ではなく本音で生きること
  • 心だけでなく身体でも自己開示をすること

これらを出来るだけ普段から行うことで自然と自己開示できるようになります

 

それによって

苦手な上司に対して、現在あなたが10の負の非言語情報を相手に発しているとするとそれが7や8に弱められます

そうすると相手からの負の非言語情報も弱まってきます

せいたに
せいたに
私はこの非言語情報の循環を痛切に体験したことがありました

私の部下は私に対して緊張し、どうしても話すときに唇が強張り言葉が上手く出てきません

私以外の人とはゲラゲラ笑って話しているのに私に対しては言葉が出てこなくなっていました

それが私にも移ってしまい、私も部下に対して話すときだけ唇が強張り言葉が出なくなってしまいました

これが半年ほど続きました

この循環に関してはシステムズアプローチの第1人者と言われる東豊【ひがしゆたか】先生のセラピストの技法がわかりやすく解説されています

これを読むと人間がP【ポジティブ】循環やN【ネガティブ】循環を発して、周囲と影響し合っていることがわかります

私も東豊【ひがしゆたか】先生のセラピストの技法を読んで徐々に非言語の重要性を取り入れ、部下との関係も改善しました

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

書籍版【セラピストの技法】を見てみる

kindle版【セラピストの技法】を見てみる

RELATED POST